通関士試験の概要

概要

「通関士」として働くためには、通関士試験を受験し、合格する必要があります。受験にあたって、受験資格はなく、老若男女問わず、社会人の方から学生、主婦等、どなたでも受験することができます。

合格率は、ここ数年10%を切る勢いで推移し、通関に関する細部な知識が問われることもあり、難易度は高く、合格は容易なものではありません。

しかしながら、合格基準に着目すると、3科目それぞれ6割以上の得点を取得すれば合格することができます。

また、通関業務に従事する期間が5年以上の場合には、実務科目が、15年以上ですと、関税法等及び実務科目を免除するという免除対象もあります。

試験要項

下記に平成30年度の試験要項を掲載いたします。

試験日
平成30年10月14日(日)
願書受付
平成30年7月23日(月)~同年8月6日(月)
受験地
北海道、宮城県、新潟県、東京都、神奈川県、静岡県、愛知県、大阪府、兵庫県、広島県、福岡県、熊本県、沖縄県
試験科目
①通関業法、②関税法等、③通関書類の作成要領その他通関手続の実務
受験料
3,000円
合格発表
平成30年12月7日(金)に合格者の氏名及び受験番号を官報に掲載し、受験した税関の各官署に掲示

【無料】いますぐ見られるデジタルパンフレット

いますぐ「通関士絶対合格通信講座」のことをもっと知りたいあなたに、今すぐ見られるデジタルパンフレットを作りました。

しかも「片山立志の通関士絶対合格通信講座メールガイダンス」もついて、もちろん無料!

請求フォームから入力するだけで、パンフレットも、ガイダンスも一緒に申込み!いますぐご登録を!